カーペット購入者減少の理由

カーペットが減っている原因とは

現代の家には必需品となったカーペット

日本の家から急激になくなった部屋

かつては日本の家にある部屋のほとんどが和室で、床には畳が敷かれていました。
家の中で床が板になっているのは、水に強い性質にしておく必要がある台所や洗面所、トイレくらいのもので、その他は子供部屋でさえも畳敷きが当たり前だったものです。
畳は足が触れてもひんやりとした冷たさを感じにくいのが特徴で、冬場でも座布団があれば、特に敷物を必要とすることはありませんでした。
そんな和室は、現代の日本の家から急激に姿を消していきます。

選ばれるようになったのはフローリング

畳に座ってちゃぶ台で食事をするスタイルから、椅子に座ってダイニングテーブルに着くスタイルへと変わるにつれて、畳の床では暮らしにくいと感じる人が増えてきました。
そのため、畳敷きだった床をフローリング素材に変え、さらには壁紙も変えて洋室にする家がどんどん増えていきます。
それに伴って、建売住宅のほとんどはフローリング仕上げの洋室にしており、和室は一部屋もなしということも珍しくなくなったのです。
掃除が楽で、洋風のスタイルの暮らしに合っていることもあり、急速にフローリングの床が選ばれるようになりました。
だた、夏は涼しいものの、冬は足に冷たさが挙がってくるのが難点です。
そこで、カーペットが必需品となっています。

季節や使用する目的によって多種多様な品揃え

今では、季節に応じてカーペットを変えることもすっかり当たり前になり、夏は触れた足が冷たく感じる心地よいものが、冬は暖かくてふわふわとした肌触りのものが好まれています。
かつて、洋間にはずっと同じカーペットが敷きっぱなしになっていましたが、今は衛生面を考慮して家庭で洗濯できるものも増えています。
小さな子供やペットのいる家庭では、どうしても汚してしまいがちなため、一部分だけ取り外して洗濯することが可能なジョイントタイプが好評です。
家庭で洗濯ができるタイプを選ぶようにすれば、気分次第で気軽にチェンジすることもできます。
無地でカラーの違いだけを楽しんでみたり、海外から輸入されたカーペットを選んで、異国風に演出することもできるでしょう。
昨今はスチームを使って敷いたままカーペットをきれいにする掃除機も登場していますので、普段からこまめにお手入れをしておけば、そうたびたび洗濯機で洗う必要もなく、快適に過ごせます。
カーペットが変わることで、お部屋の雰囲気はガラリと変わりますので、壁紙の張替えをして部屋の雰囲気を変えるよりも、うんと手軽にイメージチェンジが可能になるところも魅力です。

人気記事ランキング